toggle
2021-10-02

作品公開中!「第11回 百年俳句賞」に応募しました。

合歓の花

「俳句のある生活」を提案する雑誌の発行などを行う、マルコボ. コムさんが開催する「百年俳句賞」にこのたび応募しました。

 こちらの賞のすごいところ、おそらく他の賞と大きく違うところは、選考前に全応募作品がホームページで公開されることです。 わたしは賞への応募じたいが初めてだったのですが、公開がスタートされてからこのすごさに気がつきました…!

全応募作品公開ページはこちら

ばんかおり応募作品「準備室」公開ページはこちら

 50句の連作が91作品ということで、ボリュームもすごいです。俳句の友だちや結社の先輩など、お見かけしたことのあるお名前がたくさんありぶるっと身震いしましたが、こうやって開かれた場所で作品を読んでいただけること、また自分も読者として読めることってなかなかない機会では?と思っています。お祭りみたいなわくわく感もありますよね。

 それでも正直どきどきしていたところ、Twitterのフォロワーさんにご感想をいただき感激しました。これも公開だからこそですね…とても励みになります。応募作品の公開は10月末までとのこと。ぜひお読みいただけるとうれしいです!

 そもそも挑戦したいと思えたのは賞に挑戦している友だちの影響であり、句会などで自分の句を読んでもらえたおかげで、句歴の浅いわたしでも連作を組むことができたのだと思いました。いつもありがとうございます! 結果はさておき、応募できただけでもかなりの達成感をあじわっています。

 

関連記事